運動 関節痛 薬

運動後の関節痛におすすめの薬を紹介

運動後の関節痛におすすめの薬を紹介しています。

 

 

運動した後に関節が痛くなることがあります。

 

運動をしすぎたり運動のやり方が間違っていたことで、関節の軟骨や関節周りの靭帯、筋肉などを傷めてしまっていることが原因です。

 

こうした痛みを起こした際は、まずは無理をせず安静にすることが大事ですね。

 

通常、症状が軽ければ2~3日で、関節痛は緩和してくれるでしょう。

 

もし関節痛が強くてなかなか治らなかったり、だんだんひどくなるようなら、一度お医者さんに診てもらった方が安心です。

 

そこまでの痛みでない場合には、市販で関節痛に効果が期待できる医薬品があるので、それで様子をみてもいいでしょう。

 

最近では、関節痛に効果・効能の認められている医薬品が多く販売されています。

 

貼り薬や塗り薬もありますが、ここでは飲み薬、とくに第3類医薬品を中心に紹介してみました。

 

運動後の関節痛に効く薬をお探しの方に、参考になれば幸いです。

 

運動後の関節痛の薬おすすめランキング!

運動後の関節痛薬にいい薬1位 「トンデケア」の特徴

あき竹城さんと九重親方のCMでおなじみの人気医薬品
・関節痛・神経痛の症状に効果・効能が認められた第3類医薬品
・膝や肩腰の関節痛から手足のしびれや眼精疲労まで様々な症状に対応
・肉体疲労時の栄養補給に
・妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時のビタミンB1、B6、B12の補給に
・エネルギー産生や血流促進、神経系に作用する7つの有効成分が症状を緩和
・定期2個セットなら「ヒザらくらくサポーター」がもらえてお得

価格 通常4,980円
評価 評価5
備考 初回限定3,675円(税抜、送料無料、初回のみで解約可)、93錠入(31日分)
運動後の関節痛薬にいい薬1位 「トンデケア」の総評

で関節痛や筋肉痛、神経痛に穏やかな効き目が特徴の第3種医薬品です。

運動した後の関節痛にも、状態によっては使用できます。

関節痛の薬に特徴的なグルコサミンやコンドロイチンといった成分は含まれてませんが、7つの有効成分の働きで、関節痛や筋肉痛、神経痛をしっかり緩和してくれます。

効き目が緩やかで、関節痛にも内側からじっくり効いてくるので、安心して服用することができます。

通常価格は4,980円ですが、公式サイトから定期購入を申し込めば初回限定で3,675円購入できてお得です。

しかも2回目以降も10%OFFになるので、継続しやすくなってますね。

定期購入といっても商品購入の回数に縛りがないので、いつでも解約できるから安心して申し込めます。

定期購入なら送料・手数料が無料なので、すごく試しやすいと思います。

運動後の関節痛にいい薬2位 「リョウシンJV錠」の特徴

6つの有効成分が関節痛・神経痛を緩和する飲んで効く医薬品
 ・関節痛や神経痛に体の内側から働きかける第3類医薬品
・他にも筋肉痛や眼精疲労の緩和にも有効
・肉体疲労時や妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時の栄養補給にもOK
・服用は1日たった1回(2~3錠)だけでよく、好きなタイミングで飲める
・初回限定価格が1,900円なので、初月はわずか61円/日とお財布に大変やさしい

価格 通常4,104円
評価 評価4.5
備考 初回限定1,900円(税抜、回数縛りなし)、93錠入(31日分)
運動後の関節痛にいい薬2位 「リョウシンJV錠」の総評

つらい関節痛や神経痛に、6つの有効成分が働きかける医薬品です。

関節痛や神経痛を緩和する成分、滞った血液を促進する成分、疲れた体に栄養を補給する成分が、肩や膝、腰などの関節痛、神経痛をじっくり緩和していきます。

第3類医薬品なので、安心して継続することができますよ。

通常価格は3,800円ですが、公式サイトからの申し込みで初回限定1,900円と大変リーズナブルに購入できます。

1日1回服用すればよく、成分量のわりにとても安いので、試しに購入しても損はないお薬です。

ほかの商品と比べても価格がとても手頃で、成分もしっかり含まれているので、経済的な負担が少なくて、常備しておいても損はないです。

運動後の関節痛にいい薬3位 「グルコンEX錠プラス」の特徴

累計400万本以上も売れているコンドロイチンを配合の医薬品
・コンドロイチンを国が定める製造承認基準の上限量900mgに増量
・関節痛や神経痛、筋肉痛に飲んで効く第3類医薬品
・肩、腰、膝などの関節痛や神経痛、筋肉痛を緩和
・他にも手足のしびれや便秘、眼精疲労
・肉体疲労時や眼精疲労にもおすすめ 
・妊娠・授乳期、また病中病後の体力低下時のビタミンB1の補給も
・商品購入後のアフターサポートが充実、日本薬師堂の薬剤師から電話でアドバイスが受けられて安心

価格 通常7,178円
評価 評価4
備考 初回限定1,980円(税込、送料無料、初回のみの解約可)、186錠入(31日分)
運動後の関節痛にいい薬3位 「グルコンEX錠プラス」の総評

関節痛や神経痛に効能・効果が認められている第3類医薬品です。

4つの有効成分が膝や肩・腰などの関節痛や神経痛、筋肉痛、手足のしびれなどの症状に働きかけてくれます。

とくにコンドロイチンの配合量が医薬品の承認基準上限量の900mgも配合しているので、関節痛でお悩みの方にはおすすめです。

常備薬としても人気があり、累計販売本数はなんと400万本を突破しています。


 
コンドロイチンの他にも新陳代謝を促して痛みを緩和する成分や血液循環を改善することで痛みを緩和する成分がしっかり含まれています。

ただ痛みを抑えるだけの薬でなく、関節痛や神経痛を体の内側から緩和していくタイプの薬なので、根本的な原因に働きかけてくれます。

通常価格は7,178円ですが、公式サイトで定期購入を申し込めば初回限定で1,980円の特別価格で購入できます。


定期購入でも回数に縛りがなく、すぐに解約もできて、安いので一度試してみてもいいと思います。

 

運動後の関節痛の薬でおすすめは「トンデケア」

運動後の関節痛に市販薬を使うなら、おすすめはくすりの健康日本堂から販売されている「トンデケア」というお薬です。

 

その一番の理由は何といっても、その有効成分の配合量です。関節痛や神経痛・筋肉痛を緩和する有効成分が7種類も配合されています。

 

これはほかの商品と比べてもトップクラスで、それだけ関節痛に対しての効果・効能にも期待ができます。

 

また、第3種医薬品なので穏やかに働きかけてくれることも特徴で、飲み薬なので体の中から痛みに作用してくれるので、全身の関節痛や神経痛、筋肉痛に効果が期待できます。

 

トンデケアは品質管理を重視しており、国内の工場で製造されています。そのため安心して飲むことができるでしょう。

 

トンデケアは運動後の関節痛におすすめですが、他にも神経痛や筋肉痛、肉体疲労・眼精疲労時の栄養補給など、さまざまな症状に効果が期待できます。

 

この薬の特徴は、関節痛や筋肉痛、神経痛に効く7つの有効成分が贅沢に配合されていることです。

 

例えば筋肉や神経の組織に必要なエネルギーの産生を促進する有効成分として、ビタミンB1、ビタミンB3、ビタミンB5が配合されています。これらの成分は、身体の栄養をエネルギーに変え、組織の正常な活動を促してくれます。

 

また神経系に作用し自律神経や末梢神経などを正常に働かせる有効成分として、ビタミンB6、ビタミンB12、ガンマーオリザノールが配合されています。これらの成分が神経系の働きをサポートし痛みを緩和してくれます。

 

さらに血流を促進する有効成分として、ビタミンEが配合されています。この成分の作用により筋肉や関節、神経組織の血行が促進するので、痛みやしびれの緩和が期待できます。

運動後の関節痛は運動のやり過ぎや運動のやり方の問題で、関節や周囲の筋肉を傷めてしまって、痛みの神経も過敏になっている状態です。

 

この状態に7つの有効成分が作用して症状を緩和してくれるので、ただの痛み止めや鎮痛剤とは違います。

 

そのため根本から関節痛を改善したいという人には、おすすめの薬と言えるでしょう。

 

関節痛をよくしたいという場合に、サプリメントという選択肢もあります。

 

ただサプリメントというのは関節痛に対して効果・効能が認められているわけではないので注意が必要です。

 

やはり関節痛を緩和するには有効性が認められている医薬品を使うことをおすすめします。

 

医薬品として認定されている「トンデケア」なら、関節痛にしっかりと効いてくれますよ

 

運動後の関節痛は放っておくと、ひどくなってしまったり、慢性化して治りづらくなることもあります。

 

「トンデケア」を活用して痛みの原因に直接働きかけて、効率よく痛みを緩和していきましょう。

 

運動後の関節痛の薬を選ぶには?

運動で関節を痛めた際、手当てとして使用する薬で思いつくのは、シップ薬や塗り薬ではないでしょうか。

 

炎症症状があり関節痛が強い場合には、シップ薬や塗り薬での処置が必要な場合もあります。

 

 

ただシップ薬や塗り薬は、かぶれてしまったり、べたついてしまい、なかなか継続してケアしづらかったりします。

 

そこで運動後の関節痛や筋肉痛には、飲み薬もおすすめです。

 

内服薬なら体の内側から関節や神経、筋肉の組織に作用するので、全身の症状に効果が期待できます。

 

関節痛の症状によっては薬の成分が根本からアプローチしてくれるため、しっかりとケアすることができます。

 

お薬は安心して安全に使用したいので、その選び方や購入の仕方についても知っておいたほうが良いでしょう。

 

有効性が認められている医薬品を選ぶ

関節痛の原因は大きく分けて、関節負担のや老化および周囲の筋肉の硬直にあります。これらの症状を緩和するには、関節周囲の血流を改善し、神経の働きを正常にしてあげる必要があります。こうした作用の有効性が認められている成分を含む医薬品を選ぶようにしましょう。しっかりした市販薬であれば商品のホームページやラベルに成分の表示がしてありますので、よく見るようにした方がいいです。逆に成分の説明が見当たらなかったり、極端に成分量が少ないような医薬品は、購入しない方が良いかと思います。

 

 

信頼できる公式サイトで買う

最近では薬も薬局だけでなく様々なところで売られているので、関節痛の薬をどこで購入したら良いのか迷うという人もいるでしょう。できるだけ安く買いたかったり、お得に購入したいので、インターネットの通販サイトなどを調べる方も多いのではないでしょうか。ただあまりに安く販売されている無名の薬には、成分や効能がきちんと認められてないものもあるので注意が必要です。外国の通販サイトで買った薬で健康被害があったなどの問題が、露呈することもありますね。こうした薬を服用してしまうと効果が得られないばかりか、重篤な副作用の恐れがあるので本当に注意しましょう。やはりお薬なので、信頼と実績のあるメーカーの公式サイトで購入するのが安心ですね。メーカーの公式サイトでも、キャンペーンや限定割引などでお得に購入できたりするので、必ずチェックするべきです。

 

おすすめは第3種医薬品

内服薬は湿布や塗り薬と違い、身体の内側から関節痛や筋肉痛に働きかけてくれます。もちろん効果が高い薬の方がいいですが、あまりに作用が強いお薬は副作用が心配になりますね。関節痛の薬の場合にも、薬によって副作用のリスクは否めません。とくに鎮痛作用が強いお薬などの場合には、副作用のリスクも高くなります。そこで市販のお薬を購入する場合には、第3類医薬品がおすすめです。第3類医薬品は薬事法の厳格な基準に従って製造されており、症状に対しての有効性や安全性が認められているので安心して服用することができます。関節痛に効果・効能が認められた第3類医薬品なら、新陳代謝を促したり血行を促進して痛みを緩和するものがあります。また、軟骨成分を補給することで滑らかな動きをサポートしてくれるお薬などもあります。

 

▲運動後の関節痛の薬おすすめランキングへ